PEEKチューブ

技術
  1. ホーム
  2. 技術
  3. PEEKチューブ

スーパーエンジニアリングプラスチックに分類され、その特性から挿入時にプッシャビリティーを
要する製品(主にカテーテル、内視鏡処置具、分析機器、半導体製造装置など)に使用されています。
世界最高水準の内外系精度があり、より細く、より薄い製品設計を可能にします。

  • 細く・薄い(外径φ0.5~φ3.2mm 最薄60㎛(0.060mm)
  • 世界最高水準の内外径精度(標準:±30㎛、特別仕様:±10㎛)
  • 機械強度が高い。引張強度に優れているため、折れにくい、挿入しやすい
  • 生体適合性に優れている
  • 耐熱性が高い(連続使用温度260℃=プラスチック最高レベル(フッ素と同等)
  • 耐薬品性が高い(ほとんどの酸、アルカリ、有機溶媒に侵されない=フッ素と同程度
  • 内視鏡処置具インターチューブ
  • カテーテルインナーチューブ
  • バルーンカテーテル
  • PTAカテーテル
  • ステントデリバリーカテーテル
  • 直管加工
  • 曲げ加工
  • テーパー加工
  • 蛇腹加工